負担ゼロで家を建てる??-賃貸併用住宅-

自己負担なしでもできるのか

賃貸併用住宅を始めるためには、結構な金額がかかってきます。
そのため、リスクを恐れて躊躇している方が多くなっています。
もちろん、住宅投資の一種なのでリスクも大きい物となっていますが、成功すれば自己負担なしにすることは可能です。

 

賃貸併用住宅を成功させるには、賃貸住宅経営をするのと同じ感覚が必要になってきます。
つまり、いかに空室を作らないかという点や、家賃をしっかりと徴収できるかという点を常に気をつけていなければなりません。
マイホームと建てるついでにちょっと家を大きめに作って家賃収入も得ようといった軽い気持ちで始めてはなりません。
入念な準備と、しっかりとした経営センスを持ち合わせていなければ、自己負担することもありえます。

 

しっかりと賃貸併用住宅を経営することができれば、自己負担なしにすることは可能です。
つまり、住宅ローンにかかるお金以上の家賃収入があれば自己負担どころか、副収入を得ることができます。
そのため、浮いたお金を他の投資などに回したり、貯蓄することで老後の準備にも役立てることができます。

 

しかしながら、最初は中々そこまで成功するのは難しいものです。
賃貸併用住宅は自宅の建設費込みで住宅ローンを組むことになっています。
そのためローンが家賃収入でカバーできていなくてもある程度は負担が軽減されていることになっているのです。
つまり、空室を作らずに賃貸料を得続けていれば自己負担はかなり軽減できていることになります。
まずは空室を作らない体制作りを目指して経営を行っていきましょう。