負担ゼロで家を建てる??-賃貸併用住宅-

建物のプランニング

賃貸併用住宅を始めるのでしたら、立地探しを含め、様々な準備が必要となってきます。 立地探しも重要ですが、肝心な建物のプランニングがしっかりとできていなければいつまでたっても賃貸併用住宅は建設できません。

こちらでは賃貸併用住宅の建物のプランニングについて解説していきます。

まず建物のプランニングをするにあたって、最初にしていただきたいのが、自宅スペースのプランニングです。
最悪の場合、賃貸スペースを利用する人が現れなくても、自分たちの自宅スペースに関しては利用し続けていくことになるのです。 どちらにしろ、自分たちの生活の基盤となるスペースとなりますので、まずは自宅スペースをどのようにするかをプランニングしましょう。
具体的には階数や間取り、面積、位置、方向などを決めていき、賃貸併用住宅の中心となる自宅スペースについてプランニングしておきましょう。

次に賃貸スペースのプランニングもしていきましょう。 当然のことながら、自宅スペースばかりに気を使っていてはただのマイホームのプランニングと何ら変わりありません。 賃貸併用住宅を始めるということでしたら、メインの「商品」のようなスペースなのですからしっかりとプランニングしましょう。

賃貸スペースに関しましては間取りなどだけではなく、賃貸料をいくらにするかなどについてもプランニングしなければなりません。
利益が出なければ賃貸併用住宅を始める意味がありませんので、維持費なども考え、利益が出て尚且つ利用者が離れないような家賃設定をしていかなければなりません。

賃貸併用住宅の建物に関するプランニングでは、専門家の意見も取り入れていくことが重要です。
法律の知識なども必要になってきますので、信頼できる専門家を探しておきましょう。