負担ゼロで家を建てる??-賃貸併用住宅-

賃貸併用住宅に向いた立地探しが重要

賃貸併用住宅とは、自分が住んでいる家の一部分を賃貸用として他人に貸しているという住宅です。 つまり、自分の家の一部分に人を住まわせて、その人から家賃をもらうことができるという住宅なのです。

自分が住んでいながら、他人からの家賃収入が見込めるというまさに一石二鳥な投資なのです。 近年、こういった賃貸併用住宅が増えており、これは私事ですが私の住んでいる家の近所にも最近この賃貸併用住宅ができました。

確かに一石二鳥な投資方法なのですが、実際に始めるとなると色々と準備が必要です。 自分も住み、そして他人の住宅スペースも確保しなければならないのですからマイホームを建てるのとは訳が違います。 特に、立地探しが重要となってきますので、賃貸併用住宅に向いた立地探しをまずは始めましょう。

なぜ立地探しが重要かといえば、人が入ってくれなければ広いスペースが無駄になってしまうためです。 人が集まりやすい土地を探さなければ、賃貸併用住宅がまず成り立たないのです。
それでいて、あまりにも人気が高い土地ですと、今度は土地代が高くなってしまいますので最初の負担がかなり重くなってしまいます。

さらに、建設する賃貸併用住宅の大きさや法律との関係性などについても考えなければなりません。
住宅ローンを取るような建物を建てる際には様々な法律や規制がありますので、軽い気持ちで始めると大変なことになりかねません。

このように、賃貸併用住宅を始める前には、それ相応の立地探しが求められます。 正しい知識を持った上で、立地探しを十分と行い、立派な賃貸併用住宅を建てましょう!