負担ゼロで家を建てる??-賃貸併用住宅-

老後の資金の足しになる

賃貸併用住宅は、他人に部屋を貸す前提で建築した住宅です。

そのため、ローンを組む場合にも、ふつうより多く借りられたり、税金面でも優遇もあるという特徴をもっています
そのメリットのため、様々な建築会社がいろいろなプランを出がけています。

他人に借りてもらうために、多少大きな家になり、ローン返済もふつうよりおおくなりますが、 賃貸併用住宅は、他人に住宅の一部を貸すので、当然家賃収入が発生します。

その利点を利用して家を改築して、賃貸併用住宅にする方も多いようです。

賃貸併用住宅には、様々な利点がありますが、 一番大きなものが、月々の家賃収入があるというと点です。

この家賃収入は、安定的に毎月毎月決まった額が入ってくるので、 資金計画も立てやすく、ローンが残っている間は、ローン返済に充てることも可能になります。

ローンが終わってしまうと、当然ながら、その世帯にとって家賃収入は貴重な現金収入になります。
ご主人が働いている間なら、全く自由なお金として使う事が出来ます。

またリタイアした後では、そのお金はそのまま老後の資金として充てることができます。

老後は年金だけで暮らしていくと、国の考え一つで生活そのものが変わってきます。
どうなるか先の見えないのが年金制度です。
それだけで生活を計画していくと、思わぬ落とし穴があったりもします。

そんなリスクを少しでも減らすために、賃貸併用住宅は老後を考える人の中で現在注目を集め始めています。